やっぱり夏のレジャーナンバー1は海水浴。暑い太陽の下にあるキラキラ光った海にはどこもたくさんの人で賑わっています。全国各地に人気スポットの海が存在し家族連れやカップル・友達同士など多くの人で砂浜は埋め尽くされています。

泳ぐ目的の人が多いのですが真っ黒に日焼けした体を求め日光浴をしにくる人や、広い砂浜で仲間とビーチバレーやビーチサッカーなどスポーツを楽しむ人など様々な人が海水浴場には訪れています。海水浴は鎌倉時代から習慣になったと言われています。

日本の海水浴場には海の家と呼ばれる海の喫茶店のような場所があるのですが軽食をとれるだけではなく、休憩をしたり海水浴用品の貸し出しなどもしてくれて欠かせない場所となっています。

近年ではアーティストのイベントも開催されており泳ぐだけではなくいろいろと違った楽しみ方が増えてきています。私の一番のおススメは透き通った透明感の強い海と白い砂浜が魅力的な沖縄の海です。夏に訪れる観光客はこの海を目的として来る人が多くマリンスポーツなどもとても人気の高いレジャーとなっています。

夏のレジャーは海だけではなく、山や川沿いにテントなどを張り屋外での生活を楽しむキャンプも人気のひとつです。

一昔のキャンプといえば自分たちで火を熾してご飯を作ったりその日寝泊りをするテントも組み立てるなど普段当たり前のように生活していることはとても便利な日常だったとわからせてくれる体験ができました。そもそもキャンプは初め教育の一環として推進されていたのです。

小学生の頃学校の行事でキャンプに行った覚えはありませんか?私も覚えがありますがその頃のキャンプは共同生活のマナーや助け合いを学んだように感じます。

しかし今レジャーを目的としてのキャンプは水道やトイレなど整備されているところも多く中には調理器具の貸し出しや最初からテントが張られているところもあり初心者でも楽しめるところが増えてきています。

バーベキューも夏ならではと言えるのではないでしょうか。やろうと思えば一年中できますが、臭いが強かったり煙が多く出るバーベキューを寒い中屋内でやるより、暑い青空の下でビール片手にやるほうが楽しめると思います。

夏になると毎週バーベキューのお誘いがあるなんてよく聞く話でたくさんのお肉やお酒を食したあとの夏太りは覚悟しなければなりません。それでも夏のバーベキューは仲間と楽しく過ごす人気レジャーのひとつとなっています。